2020年クイーンS  過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーンSの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

クイーンSの登録馬 馬データと前走成績

第68回クイーンSには18頭が登録してきました。フルゲートは14頭なので4頭が除外になります。出走馬を見ると、前走G1のヴィクトリアマイルに出走したスカーレットカラー、コントラチェック、ビーチサンバなどは重賞レースの常連です。フェアリーポルカは中山牝馬Sと福島牝馬Sを連勝中、3歳クラシックでは見せ場はなかったですが着実に力を付けてきている印象です。昨年のこのレースでタイム差なしの3着に入ったカリビアンゴールドですが、過去の戦歴を見ると函館・札幌では好走が目立ちますね。滞在競馬が合っているのかもしれないです。

クイーンS 過去20年の1着馬の馬データ

1着馬を見ると、3歳馬が好走していますが今年はいません。今年は4歳馬中心のレースになりそうですね。血統を見ると、種牡馬か母父にサンデーサイレンスの入っている馬がよさそうです。でも、登録馬の5代血統表をみると全馬にサンデーサイレンスが入っていました

クイーンS 過去20年の1着馬の前走成績

1着馬の前走レースを見ると、ヴィクトリアマイルとマーメイドSとオークスなどが多いですね。ヴィクトリアマイルはG1ですから、G3のクイーンSとはレベルが違うのでその時の着順は気にしなくていいです。マーメイドSは5着以内がいいようです。

クイーンS 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、ヴィクトリアマイル、マーメイドS、オークスがいいですね。前走ヴィクトリアマイルはスカーレットカラー、コントラチェック、ビーチサンバの3頭。前走マーメイドSはナルハヤ、レッドアネモス、リープフラウミルヒの3頭でした。

クイーンS 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別の成績から、登録馬で該当する系統を挙げてみると、サンデーサイレンス系はナルハヤ、ディープインパクト系はオールフォーラヴ、コントラチェック、Vice Regent系はビーチサンバ、キングマンボ系はフェアリーポルカでした。

クイーンS 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は3回と少ないですね。また、3連複が万馬券になったのは6回で、残りの12回は4桁配当でした。

クイーンS 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、順当な感じですね。下位人気では6人気と7人気が頑張っています。2桁人気もきているので組み合わせとしては上位2頭+下位1頭が面白いかも。

クイーンS 過去20年の馬番別成績

14頭立てということはコース幅が狭く、またスタートから最初のコーナーまでは180mと短いので内枠が有利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました