2021年大阪杯 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪杯の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

*大阪杯は2017年からG1に昇格しました。これにより、出走馬のレベルが変わりました。

過去20年間G1レースデータ
2000年から2019年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

 

大阪杯の登録馬 馬データと前走成績

第65回大阪杯には15頭が登録なので、全馬が出走出来ますね。G1馬はコントレイル、キセキ、グランアレグリア、ペルシアンナイト、ワグネリアン、サリオスの6頭。おそらく、1人気はコントレイル、2人気グランアレグリア、3人気サリオスでここまでが10倍以下かと。4人気はレイパパレかな。

 

大阪杯 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の馬データを見ると、G1に昇格してからノーザンファーム系が力を入れてきているのがよくわかります。年度別のノーザンファーム系の出走馬数もG1昇格が分かっているような感じで出してきていました。血統ではサンデーサイレンス系統が圧倒的で、ディープインパクト系、ステイゴールド系、ハーツクライ系と中距離以上で活躍馬を出している血統なら何でもあり。

ステップレースとしては中山記念や金鯱賞が理想ですが、G1馬はステップレースなしでぶっつけで来るパターンが増えています。外厩施設の調教レベルが上がっているので厩舎では直前にサラッとやるだけでいい感じです。ぶっつけで勝ち負けできる馬はあくまでのG1レベルの馬だけです。

 

大阪杯 過去20年の前走レース別成績

前走を見ると分かる通り、ぶっつけ組は有馬記念、ジャパンカップから。ステップ組は中山記念、京都記念、金鯱賞から。

 

大阪杯 過去20年の血統別(種牡馬)成績

G1に昇格してからはのノーザンファーム系が力を入れています。今年は、上位人気はコントレイル以外はノーザンファーム系でしょう。

 

大阪杯 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、10万馬券以上は2回、4桁配当は3回でした。

 

大阪杯 過去20年の人気別成績

1人気が安定して馬券に絡んでくるレースです。10人気以下は来ないレースと言うのも珍しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました