2022年天皇賞春 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天皇賞春データ

天皇賞春の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

天皇賞春の登録馬 馬データと前走成績

第165回天皇賞春には18頭が登録してきました。前哨戦の阪神大賞典を1人気で勝ったディープボンド、日経賞を1人気で勝ったタイトルホルダーの2頭が抜けた存在。ディープボンドは昨年の2着馬で、有馬記念でも2着などG1級の実力がある。タイトルホルダーは菊花賞を5馬身差の逃げ切り勝ちしているようにスタミナに自信がある。この2頭の一騎打ちムードだが、伏兵は4連勝でダイヤモンドSを勝ったテーオーロイヤル。スタミナがあるし、折り合に不安がないのがいい。

 

天皇賞春 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬を見ると、フィエールマン、キタサンブラック、フェノーメノなど複数回勝っている馬がいる。2回目の挑戦で勝った馬はレインボーラインとビートブラックとジャガーメイルとイングランディーレ。キタサンブラックは3回目で勝っているようにスタミナ系はこのレースに挑戦している。

 

天皇賞春 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、対象レースが13と少ない。しかも、前走レースも長距離が多い。天皇賞春を勝つ馬は中長距離祖中心に走っている馬が多い。

 

天皇賞春 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別ではサンデーサイレンス系、ステイゴールド系、ディープインパクトなどがいいです。サンデーサイレンスはステイゴールドとディープインパクトを輩出しているように、長距離戦に適した血統でもある。

 

天皇賞春 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は10回、4桁配当は2回でした。17頭以上の時は荒れることが多いですね。

天皇賞春 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気よりも2人気のほうがいいです。また、複勝率では4人気までが差がないです。10人気以下が11回も馬券に絡んでいるように穴馬が来るレースでもあります。

 

過去20年のデータから注目ポイントは

・天皇賞春に出走したことがある馬
・前走は2200m以上
・血統はディープインパクト系かステイゴールド系

以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました