2022年安田記念 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安田記念データ

安田記念の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

安田記念の出走馬 馬データと前走成績

第72回安田記念の出走馬が確定しました。今年も多彩なメンバーが集まった面白いレースになりそうです。注目馬は多いですが、1勝クラスから4連勝で東京新聞杯を勝ったイルーシヴパンサーは前走でも底を見せていない。自在性があるので、どんな競馬でもできる強みがある。フェブラリーSを連覇したカフェファラオが芝のマイル戦に挑戦。ダートで1分33秒8の持ち時計があるので、芝でも通用すると思う。スピード系の米国血統で塗り固められているのでスピード負けはしないと思う。勝利から遠ざかっているサリオズは相性のいいレーンが騎乗。これまで戦ってきた相手を考えると好走してもおかしくないと思う。ドバイでは8着に敗れたシュネルマイスターだが、国内では堅実な走りを見せている。昨年は3着、マイルCSでは2着と実力的にはこの馬が1番かも。唯一の3歳馬セリフォスは、前走が久々で行きたがる素振りを見せていた。一度使ってガス抜きが出来ているので、今回はもっと走れると思う。他に、レスシテンシア、ダノンザキッドなど展開次第で上位に食い込みそうな馬が何頭もいます。

安田記念 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の系統を見ると、ディープインパクト系、ロベルト系、サドラーズウェルズ系、サンデーサイレンス系の順でした。血統ではスピードの系の米国血統がいいです。特に近年では母父ストームバード系がいいですね。

前走で見ると前走1着馬が7頭、2着以下が13頭と負けている馬の巻き返しのほうが多いです。1人気は前走1着馬が18頭で、2着以下が2頭なので前走1着馬が人気になります。モーリス、ジャスタウェイ、ロードカナロア、ショウワモダンは前々走でも勝っています。連勝している馬は底を見せていないのでメンバーが強化されても勝つ可能性はあると思います。

また、前走は1着か重賞4人気以内がいいです。

 

安田記念 過去20年の前走レース別成績

前走レース別では京王杯スプリングカップがいいですが、極端な傾向はないです。短距離、中距離からの参戦が多いレースなので、前走にはあまりこだわらなくてもいいと思います。ただ、マイルのスペシャリストは要注意です。

 

安田記念 過去20年の血統別(種牡馬)成績

安田記念はリピータレースです。M欄の印は3着以内に複数回来ている馬です。コース適性、距離適正がある馬は同じレースで何度も好走します。今年はシュネルマイスターが該当します。

 

 

安田記念 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は11回、4桁配当は0回なので荒れる傾向にあるレースです。単勝1人気が4勝しかしていないのも荒れる原因ですね。

 

安田記念 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気が4勝で、2人気と7人気と8人気が3勝でした。1~4人気で11勝、6~9人気で9勝と下位人気が健闘しています。昨年も8人気のダノンキングリーがグレンアレグリアを下したように、一発がある下位人気を狙って面白いレースです。

 

安田記念 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると、最内1番はよくないですが、2番から6番までがいいです。また、10番、14番、16番など外枠なら偶数枠がいいです。

 

過去20年のデータから注目ポイントは

・米国血統
・前走、1着か重賞4人気以内
・前年の安田記念3着以内
・穴で6~9人気
・馬番は2~6番か外枠なら偶数枠

 

2022年安田記念のレース結果

過去20年の注目ポイントから該当したのは5項目中4項目ありました。

米国血統
前走、1着か重賞4人気以内
前年の安田記念3着以内
穴で6~9人気
・馬番は2~6番か外枠なら偶数枠

コメント

タイトルとURLをコピーしました