2020年マイルチャンピオンシップ 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ
2000年から2019年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

 

マイルチャンピオンシップの登録馬 馬データと前走成績

第37回マイルチャンピオンシップには17頭が登録してきました。 登録馬を見ると春に安田記念を勝ったグランアレグリア、昨年のこのレースの勝ち馬インディチャンプ、朝日杯フューチュリティステークスとNHKマイルカップと香港マイルの3つのG1を勝ったアドマイヤマーズ、阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬レシステンシア、NHKマイルカップの勝ち馬ラウダシオン、2017年のマイルチャンピオンシップを勝ち、2018年は2着、2019年は3着と3年連続で馬券内のペルシアンナイト、昨年の朝日杯フューチュリティステークスの勝ち前走は初の古馬戦だった富士Sを楽勝したサリオス、2018NHKマイルカップの勝ち馬ケイアイノーテックなどマイルG1勝ち馬が6頭もいます。

注目はグランアレグリアとサリオスの2頭ですが、伏兵も多くて面白いレースになりそうです。

 

マイルチャンピオンシップ 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬を見ると、血統ではサンデーサイレンス系が強いレースですね。10年以上前はデュランダルとダイワメジャーが連覇を達成しています。過去10年ではディープインパクト系が3勝していますね。また、ロードカナロア産駒やハービンジャー産駒など社台系種牡馬が強いレースです。今年の登録馬を見てもほど社台系種牡馬ですからね。

 

マイルチャンピオンシップ 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、天皇賞秋、富士S、スプリンターズS、毎日王冠の順でした。今年の登録馬を見ると、天皇賞秋が1頭、富士Sが5頭、スプリンターズSが2頭、毎日王冠が1頭、スワンSが4頭でした。

 

マイルチャンピオンシップ 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別成績を見るとサンデーサイレンス系、ディープインパクト系が強いです。過去10年の3着以内を見ると、ディープインパクト系は2012年から毎年3着以内に来ています。

このレースはリピーターレースでもあり、過去20年で10頭がリピートしています。最近ではペルシアンナイト、イスラボニータ、フィエロなどがいます。今年は阪神開催になるので、この傾向が続くかは分かりませんが、リピータが来るとするとインディチャンプとペルシアンナイトです。

 

マイルチャンピオンシップ 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると3連単10万馬券以上は4回ですから、大きく荒れるレースではないですね。また、人気上位で決まる4桁配当もないです。3連複でも人気馬同士が上位に来る3桁配当がないので、馬券妙味があるレースだと思います。

 

マイルチャンピオンシップ 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、4人気の成績がいいですね。過去10年で見ると1~4人気のうち2頭が3着以内に入っているのが7回ありました。2013年は1~3人気で決まって3連複は2090円も付きました。3連系で買うなら1~5人気から2頭を選ぶのがいいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました