2020年朝日杯フューチュリティステークス 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レース情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークスの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ
2000年から2019年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

 

朝日杯フューチュリティステークスの登録馬 馬データと前走成績

第72回朝日杯フューチュリティステークスには18頭が登録してきました。朝日杯フューチュリティステークスは2013年までが中山競馬場で行われ、2014年から阪神競馬場になりました。

注目馬は2戦連続でレコード勝ちしたレッドベルオーブ、京王杯2歳Sを勝ったモントライゼ、サウジアラビアロイヤルカップで豪快な差し切り勝ちをしたステラヴェローチェ、新潟2歳Sを勝ったショックアクションあたりでしょうか。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の種牡馬を見ると、社台系が多いですね。近年ではディープインパクト、ハーツクライ、ダイワメジャー、キングカメハメハなど。特に阪神開催に移行してからその傾向が強いです。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、東京スポーツ杯、京王杯2歳S、ベゴニア賞の順でした。前走重賞で勝っているのが理想です。レース経験があり、尚且つ勝っている馬がいいと思います。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別で見ると、ディープインパクト系、サンデーサイレンス系、キングマンボ系、ロベルト系の順でした。近年で言うとディープインパクト系とキングマンボ系がいいですね。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は4回、4桁配当は3回なので、そこそこ荒れる感じです。1人気、2人気がそこそこ勝っていますが、相手に人気薄が来るパターンが多いですね。

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気の勝率は良くないです。しかし、複勝率が80%なので安定はしていますね。人気薄では12人気までまんべんなく来ています。1人気と2人気の両方が飛んだのは3回だけでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました