宝塚記念の枠順決定!1枠キセキ、2枠レイデオロ、3枠エタリオウ、4枠アルアイン

第60回宝塚記念の枠順が決まりましたね。1枠キセキ、2枠レイデオロ、4枠アルアインと有力馬が内枠に入った。1枠に入ったキセキは逃げる事になるのか?今回はこれといった逃げ馬がいないので、行くと思う。川田将雅は春のG1で有力馬に騎乗しながらひとつも勝てなかった。キセキも菊花賞以来勝っていないので、何となくですがこのレースを勝つような気がする。川田将雅も不本意な競馬はしたくないだろうから、ここは逃げの手で来ると思う。

レイデオロは2枠という絶好枠に入った。スタートは悪い馬ではないでの内目の好位でレースを進めることが出来そう。4枠のアルアインもいい枠を引いた。戦略的にはキセキの後ろというイメージか。大阪杯の再現を狙うのが理想の展開でしょう。早い脚がないので、地力勝負に持ち込めるかどうか。上りの競馬になるとレイデオロに差されてしまうでしょうね。

外枠11番のスワーヴリチャードは中団から後方に位置するでしょう。前に行きたいところだけど、厳しいかな。ペースが遅ければ早めに進出もあるだろうけど、キセキが逃げる展開だと直線勝負になるでしょう。大外12番のリスグラシューは、厳しい枠に入ったね。内に入れたいところだけど内のデムーロがそうさせないでしょう。レーンがどういう騎乗するかですね。