2020年天皇賞秋 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天皇賞秋の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ
2000年から2019年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

 

天皇賞秋の登録馬 馬データと前走成績

第162回天皇賞秋には12頭が登録してきました。12頭と少ないですが、昨年の勝ち馬アーモンドアイ、昨年の2着馬ダノンプレミアム、天皇賞春を連覇したフィエールマン、宝塚記念で6馬身差の圧勝劇を演じたクロノジェネシスなどが揃いました。注目は何と言っても昨年の覇者アーモンドアイがG1レース8勝目をあげられるかどうか。今年は、3歳馬牡馬と牝馬で無敗の3冠馬が誕生しました。歴史的な記録を達成した年なので、次はアーモンドアイが記録を達成する番かもしれないですね。

 

天皇賞秋 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の馬データを見ると、近年ではキングマンボ系の成績がいいです。特に速い時計の決着になった時にキングマンボ系が強い感じです。ローテーションを見ると、アーモンドアイは昨年と同じで安田記念からの休み明け。クロノジェネシスは宝塚記念からの休み明けです。休み明けを叩いてくる馬と、休み明けの馬がいますが、最近は休み明けの方が走る馬もいるのでアクシデントがない限りその馬に合ったローテーションという感じの捉え方でいいと思います。

 

天皇賞秋 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、ローテション的に毎日王冠が多いです。同じ東京コースで中2週というのがいいのでしょうね。

天皇賞秋 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別ではサンデーサイレンス系、ロベルト系、キングマンボ系の順でした。近年ではキングマンボ系やディープインパクト系の活躍が目立ちます。勝ちタイムを見ると、昨年が1分56秒2、一昨年が1分56秒8と速いタイムでした。また、2012年は1分57秒3と速くこのように時計の速いレースではキングマンボ系が勝っています。

 

天皇賞秋 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は6回とやや少なめです。今年は12頭立てなので大きく荒れることはないかもしれないです。荒れるとすると馬場が悪くなった時かも。

 

天皇賞秋 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気の複勝率は80%と優秀です。東京芝2000mはスタート地点が2コーナー奥からなので外枠が不利になりますが今年は頭数が少ないのでその不利もないです。ワンターンで力の差がハッキリ出やすいと思っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました