2019ヴィクトリアマイル 過去13年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイルの過去13年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

1999年から2018年の過去20年間G1レースデータ
1999年から2018年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 過去20年のG1データ 騎手別成績 過...

ヴィクトリアマイルの登録馬 馬データと前走成績

第13回ヴィクトリアマイルには19頭の登録がありました。注目馬はNHKマイルカップの勝ち馬アエロリット、桜花賞2着のラッキーライラック、阪神牝馬Sを勝ったミッキーチャーム、同レース2着のアマルフィコースト、復活が期待されるソウルスターリングです。

ヴィクトリアマイル 過去13年の1着馬の馬データ

ヴィクトリアマイルの過去13年の1着馬を見ると、ヴィルシーナとストレイトガールが2勝しているようにリピーターがよく絡むレースです。しかし、今年は昨年の上位3着までの馬が出ていないので、リセットされます。血統ではサンデーサイレンス系が、馬主では社台系が強いレースです。ここ5年は人気がない馬が勝っているので、その傾向が続くかどうか。

ヴィクトリアマイル 過去13年の1着馬の前走成績

ヴィクトリアマイルの過去13年の1着馬の前走レースを見ると阪神牝馬Sが5回と多いです。前走は負けている馬が多いように、前走着順位にはこだわらなくていいです。

ヴィクトリアマイル 過去13年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると阪神牝馬S組が多く勝っています。出走頭数も多いですが、ローテーション的にもいいのでしょうね。出走頭数は少ないですが、牡馬混合戦を戦ってきた馬にも要注意です。

ヴィクトリアマイル 過去13年の血統別(種牡馬)成績

種牡馬成績ではサンデーサイレンス系がいいですね。中でもディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。登録馬ではカンタービレ、サウンドキアラ、サトノワルキューレ、プリモシーン、ミッキーチャーム、レッドオルガ、ワントゥワンがディープインパクト産駒です。

ヴィクトリアマイル 過去13年の配当一覧と出目

配当一覧を見ると、3連単で2070万や228万馬券が出るなど超高配当が出るレースです。人気馬が飛ぶケースが多いのがこのレースの特徴ですね。

ヴィクトリアマイル 過去13年の人気別成績

人気別の成績を見ると1人気は連対率53.8%なので凄く悪いわけではないです。荒れる要因としては2人気以降の成績が悪いです。複勝率を見ると成績のいい順に1人気、7人気、4人気と11人気というようになっています。こうなると荒れることを前提に馬券を組み立てるのがいいと思います。