2020年ジャパンカップ 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など)

レースデータ

ジャパンカップの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ
2000年から2019年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

 

ジャパンカップの登録馬 馬データと前走成績

第40回ジャパンカップには17頭が登録してきましたが、ラヴズオンリーユーとサートゥルナーリアが回避することになったので15頭になってしまいました。注目は牡馬無敗の3冠馬のコントレイル、牝馬無敗の3冠馬のデアリングタクト、そして芝のG1を8勝したアーモンドアイの3頭です。この3頭が一緒のレースに出るのはこれが最初で最後。どんなレースになるのか楽しみです。

 

ジャパンカップ 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の馬データを見ると、ノーザンファーム系が圧倒的に強いレースです。血統ではサンデーサイレンス系が4勝、キングマンボ系とディープインパクト系とロベルト系が3勝、ハーツクライ系が2勝しています。

勝ち馬のコーナー通過順を見ると、4コーナーで7番手以内が17勝しています。ある程度前に行けて最後まで脚を使える馬が勝っている感じですね。

 

 

ジャパンカップ 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、天皇賞秋が圧倒的です。古馬G1の王道路線ですからね。前走菊花賞で勝っている馬はジャングルポケットとローズキングダムでした。ジャングルポケットはダービー馬でローズキングダムはダービー2着馬でした。前走秋華賞で勝っている馬はジェンティルドンナとアーモンドアイでした。この2頭に共通するのは牝馬3冠を達成していることです。

 

ジャパンカップ 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別の成績上位はサンデーサイレンス系、ディープインパクト系、キングマンボ系、ロベルト系、ハーツクライ系です。登録馬を見るとサンデーサイレンス系は出走馬なし、ディープインパクト系はコントレイルなど6頭、キングマンボ系はアーモンドアイなど4頭、ロベルト系はデアリングタクトだけ、ハーツクライ系は出走馬なしでした。

 

 

ジャパンカップ 過去20年の配当一覧

ジャパンカップの配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は2回だけでした。まぎれの少ないコースなので、実力馬が上位に来る感じになります。

 

ジャパンカップ 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気は勝率は良くないですが複勝率はいいです。過去20年で馬券外に飛んだのは3頭だけなので、1人気を信用してもいいと思います。また、上位6人気までが馬券に絡みやすい傾向のレースですね。

 

ジャパンカップ 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると、1番が5勝といいです。ジャパンカップが行われるのはCコースになります。天皇賞秋はBコースなので、その時よりも3mほど外に柵が移動しくるので馬場状態はそれほど悪くないです。馬番では1番から6番までが有利になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました