川田将雅が久々のG1勝利を狙う。絶対に負けられないクリソベルリ。

騎手
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンスポ競馬で川田将雅が激白【われかく戦う】川田激白!クリソベリル「日本で負けていい馬ではない」と題して一問一答しています。前走のJBCクラシックを勝った時でもまだ成長途上という事を言っているということは、まだまだ強くなるみたいです。

【われかく戦う】川田激白!クリソベリル「日本で負けていい馬ではない」
 秋のGIは1番人気が7連勝と期待に応え続けるなか、今週はダート王を決めるチャンピオンズCが中京競馬場で行われる。主役は国内で8戦無敗を誇り、秋初戦のJBCクラシックでGI4勝目を挙げたクリソベリル(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)だ。コンビで7戦7勝の川田将雅騎手(35)=栗東・フリー=が前走を振り返るとともに、史上2頭...

最後の質問に対して以下のように応えています。

「僕はオメガパフュームやチュウワウィザードなど、それ以外にもたくさん今現在のダート界のトップクラスの馬たちに乗せていただき、そのレベルの高さを肌で感じています。その中で、クリソベリルは圧倒的な走りを見せてくれていますからね。チャンピオンホースとして挑戦を受ける立場ですし、日本のダート界にとっても特別な馬だと思います」

挑戦を受ける!とまで言うのですから相当自信があるのでしょう。川田はJRAのG1では、今年未勝利だし、最後に勝ったのが昨年のチャンピオンズカップです。しかし、交流G1で見ると川崎記念、帝王賞、JBCレディス、JBCクラシックの4勝。しかも、騎乗機会4連勝ですからダートでは無敵ではないかと思ってしまいます。今年これまでの勝利数は158勝でリーディング2位、勝率は28.4%で1位です。今年のG1レースでは初の1人気に騎乗ですし、ここを勝って弾みをつけてもっとG1を勝ってほしいです。

 

出典元:netkeiba

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました