2021年チャンピオンズカップ 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャンピオンズカップの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

チャンピオンズカップの登録馬 馬データと前走成績

チャンピオンズカップはダートの猛者たちに3歳牝馬のソダシがどう戦うか?というところに注目が集まっている感じですね。ソダシの父クロフネは初ダートだった武蔵野Sを1人気で圧勝。続く旧ジャパンカップダートも1人気で圧勝し引退。産駒は芝・ダートで走る馬を出してましたが、前身のジャパンカップダートを含めても最高着順は2着が1回だけ。重賞勝ち馬も2頭だけでした。果たして、ソダシはダートで通用するのでかな。実績ではJBCクラシック出走組が強いと思います。JBCクラシックは小回りの金沢競馬場で行われたので、力を出し切れなかった馬も多いと思うので巻き返してくると思います。

チャンピオンズカップ 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

ノーザンファームはダートにはあまり力を入れていないのですが、少ない中にもG1を勝つ馬を出してきますね。大きいレースを勝つには騎手の確保も大事なので、そのあたりはノーザンファームらしいですね。

 

チャンピオンズカップ 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、JBCクラシック、武蔵野S、マイルCH南部杯の順でした。ダートの有力馬はJBCクラシック→チャンピオンズカップというローテが王道ですね。

 

チャンピオンズカップ 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別ではキングマンボ系、ゴールドアリュール系、ヴァイスリージェント系、ロベルト系の順です。過去10年の1~3着馬を見ると、同じ馬が来ているリピーターレースでもあります。今年は、チュウワウィザードとインティが該当します。

 

チャンピオンズカップ 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は6回、4桁配当は2回でした。また、3連複万馬券は11回なのでそこそこ荒れるレースのようです。

 

チャンピオンズカップ 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気の成績はいいですが、2人気と4人気など上位人気が不振。逆に10人気以下が9回馬券に絡んでいます。3連系馬券でしたが2桁人気は入れておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました