2022サウジカップデーでルメールが4勝の偉業。騎乗馬はノーザンファーム系と社台ファーム系。

騎手
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年のサウジカップデーはサウジカップはマルシュロレーヌが6着が最高着順でしたが、ネオムターフカップ(G3)をオーソリティが勝ち、1351ターフスプリント(G3)をソングラインが勝ち、レッドシーターフハンデキャップ(G3)をステイフーリッシュが勝ち、リヤドダートスプリント(G3)をダンシングプリンスが勝った。この4頭に騎乗していたのがルメールでした。

この年、重賞未勝利のルメールがサウジで重賞4勝の偉業

今年のルメールはとにかく重賞が勝てない。人気馬に騎乗しているにも関わらず、勝てない。何か精彩を欠いているように見ていたけど、サウジでのルメールは別人のように冴えていましたね。

オーソリティーは木村厩舎-シルクレーシングということもありルメールが主戦を務めていましたが、ソングライン、ステイフーリッシュ、ダンシングプリンスはこの日のだけの騎乗という感じでした。それなのに勝つあたりはさすがルメールといったところかな。

サウジデーでのルメールの騎乗馬を見ると、馬主はすべて違いますが、生産者はノーザンファームと社台ファームでした。これが何を意味するかと言えば、騎乗馬の騎手は馬主が決めているということ。しかも、今回は吉田兄弟からの指示だと思われます。ルメールが新型コロナのリスクを負ってまで海外での騎乗をするのは、大きな力が働いているからなんでしょうね。

サウジデーの結果を踏まえて、帰国後のルメールの活躍は約束されたものと思います。

 

2022サウジカップデーの結果 JRA

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました