2020年皐月賞 コントレイル、サリオス、サトノフラッグの全レースの騎手コメント

レース展望
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第80回皐月賞に出走予定の有力馬と言えば3戦3勝のコントレイル、サリオスと3連勝中のサトノフラッグでしょう。おそらくこの3頭が3強と言ってもいいでしょう。そこで、この3頭の全レースの騎手コメントを見てみたいと思います。

コントレイル ベストパフォーマンスは東京スポーツ杯

コントレイルは福永祐一、ライアン・ムーアの2名の騎手が騎乗しています。ベストパフォーマンスは2走前の東京スポーツ杯ではないでしょうか。ハイペースを中団から追走し、直線は鞭を使わずに最速の上りで勝ったレースです。このレースを見て皐月賞、ダービーはこの馬かと思ったほどです。各レースの騎手コメントを見てみましょう。

新馬戦 福永騎手

センスもいいし、勝ちっぷりも良かったから言うことないね。スピードが勝っているから、距離は保つかはやってみないと分からないけどね。

東京スポーツ杯2歳S ムーア騎手

強かったです。いいペースで流れていましたが、じっと我慢していられたし、最後はよく伸びてくれました。そこまで速いとは感じなかったんですが、思ったよりもタイムが出ていましたね。いい馬です。トップクラスですよ。

ホープフルS 福永騎手

前に馬を置く形でうまく我慢して運べました。非常に楽な手応えで直線に向いてどのくらい突き抜けるかと思いましたが、先頭に立って躊躇する面がありました。前回、ライアンが最後までびっしり追ったのがわかりましたね。オーナーからはダービーを目標にと言われていますが、それを踏まえて内容、結果ともに言うことない走りでした。いずれは日本を代表するような馬になってほしいです。

ムーアが騎乗したときのレースを見ると、直線では鞭を使っていないけど気を抜かないようにシッカリ追っていました。道中は力みがない感じで追走していて、仕掛けるとしっかり伸びていました。前走は中山という事を意識したのか先行策からの押し切りでした。着差は前走ほどではないですが、2着馬とは明らかに手ごたえが違っていました。レースセンスがいい馬という印象です。

サリオス ムーアもレーンも絶賛

サリオスはこれまでの3連勝が全て違う騎手です。それで、G3のサウジアラビアカップとG1の朝日杯フューチュリティステークスを勝つのですから強いですね。しかも、ムーアとレーンからは絶賛のコメントがありました。

新馬戦 レーン騎手

落ち着いていました。いいスタートを切りましたが、前に馬を置いてレースを経験させました。直線で外に出すといい瞬発力でアッという間に先頭に立ちましたし、そこからはクルージングスピード(トップスピードを持続すること)で最後まで走りました。距離適性などはこれからだと思いますが、能力が高くて将来が楽しみな馬です

サウジアラビアカップ 石橋脩騎手

力を出せて良かったです。ゲートはうまく出ると思っていたし、内めの枠で、こういう馬場でもあるので、後ろになり過ぎないようにポジションを取りにいこうと思っていました。2着馬もかなりいい脚を使っていますが、それを抑えるんだから力がありますね。こういう馬の騎乗依頼をいただけてありがたいです。

朝日杯フューチュリティステークス ムーア騎手

コーナーで幼い面を覗かせてはいたけど、それでいてこの勝ち方だからね。乗った感じ、とてもしっかりしてる馬で、現時点で体はできている。今の状態をキープしていければ、将来的にも期待できると思う。こんないい馬に乗せてもらえて光栄。関係者に感謝したい。

マイル戦しかレースをしていませんが、朝日杯フューチュリティステークスは強い競馬です。前半3Fが33秒8を3番手で追走して、後続を完封したレースは凄かった。距離に関してはやってみないと分からないけど、掛かる馬ではないようなので距離は持つと思います。

惑星サトノフラッグ マーフィーが絶賛

サトノフラッグは戸崎圭太、マーフィー、武豊の3名が手綱を取っています。この中で、未勝利と1勝クラスに騎乗したマーフィーはレース後のコメントで絶賛しています。

新馬戦 戸崎騎手

少し余裕のある感じでレースに臨むことになりましたが、能力である程度はカバーできる、と思っていました。6着でしたが、いいモノは持っていますし、次は変わると思います。

未勝利戦 マーフィー騎手

調教に乗って手応えを感じていましたが、レースではもっと凄い馬でした。まだ遊び遊び走っていて、相当な能力があると思います。私が出会った馬の中でもトップクラスですし、これから楽しみしかありません。

1勝クラス マーフィー騎手

スムーズなレースで勝つことができました。この距離で勝ちましたが、間違いなく延びた方がいいタイプですし、ベストは2400メートルでしょう。前走からの成長も見られたし、これから先、どんな馬になっていくのか楽しみです。目標はダービーですよ

弥生賞 武豊騎手

初めて跨りましたが、馬上から眺めた感じが父に似ていましたね。3角で自分から上がっていこうとしてくれて、父が中山で走っていた時と同じような感じでした。まだまだ良くなると思いますし、良馬場ならもっといい走りができそうです。今日はいいレースができました。この先が非常に楽しみです。

マーフィーも武豊も絶賛ですね。レースを重ねるごとに強くなっている感じです。特に弥生賞では4コーナーから直線に向かうところで馬なりで上がっていったのを見て「この馬強いな~」と感じました。こういうレースが出来る馬は強いと思っています。

今回、取り上げた3頭はかなり強いと思っています。現時点では◎コントレイル、〇サリオス、▲サトノフラッグですが、成長力を考えるとサトノフラッグがどこまで力を付けてきているか気になるところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました