2019中山金杯 過去20年のデータ(1着馬、血統、配当など)

中山金杯の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

・2002年は東京開催

中山金杯 過去20年の1着馬の馬データ

中山金杯の過去20年の1着馬の馬データを見ると、近年では社台系が強いです。種牡馬を見てもサンデーサイレンス系やキングカメハメハ系が強いです。ただし、ディープインパクト産駒が勝っていないというのはコース適正と時期的要因なのかもしれないですね。

中山金杯 過去20年の1着馬の前走成績

中山金杯の過去20年の1着馬の前走レース成績を見ると、前走1着馬は6頭なので前走を勝っていない馬の方が多いです。クラスを見てもG2、G3、オープン、条件戦とバラバラです。明け4歳馬は前走3着以内というのが条件になります。

中山金杯 過去20年の前走レース別成績

中山金杯の過去20年の前走レースを見ると、ディセンバーS組が多く絡んできていますね。オープン特別ですが、同コースで行われているのとローテーション的にもちょうどいいのかもしれませんね。前走G1出走馬は少ないですが、G1に出走できるだけの能力がある馬なので着順に関わらず抑えておいた方がいいと思います。

中山金杯 過去20年の血統別(種牡馬)成績

中山金杯の過去20年の種牡馬成績を見ると、勝つのはサンデーサイレンス系が多いですが、2着や3着にはノーザンダンサー系が多いです。特にサドラーズウェルズ系の成績がいいです。

中山金杯 過去20年の配当一覧

中山金杯の過去20年の配当を見ると、近年はあまり荒れていませんが、それ以前は3連複でも万馬券が出ているように荒れるレースでした。ハンディ戦なので、荒れる要素は常にあるはずなので、いつ大きく荒れてもおかしくないです。

中山金杯 過去20年の出目

中山金杯 過去20年の人気別成績

中山金杯の過去20年の人気別成績を見ると、1人気と2人気の成績はまずまず。また、4人気と5人気の成績が良くて、8~10人気は要注意です。

中山金杯 過去20年の馬番別成績

中山金杯の過去20年の馬番別成績を見ると、3番と4番の成績がいいですね。また、13番から外枠はあまりよくないです。