2022年朝日杯フューチュリティステークス 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークスデータ

朝日杯フューチュリティステークスの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2021年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

朝日杯フューチュリティステークスの登録馬 馬データと前走成績

第74回朝日杯フューチュリティステークスには19頭が登録してきました。有力馬はデイリー杯2歳Sを勝ったオールパルフェと同レース2着のダノンタッチダウン、京王杯2歳Sを勝ったオオバンブルマイと同レース2着のフロムダスク。サウジアラビアロイヤルカップを勝ったドルチェモアと同レース2着のグラニットなどです。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬を見ると中山開催から阪神開催に移行した14年からはノーザンファーム系が強いです。馬主がノーザンファーム系か生産者がノーザンファームがいいです。前走成績を見ると、前走は人気で勝っている馬が多いです。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、前走重賞出走馬の成績がいいです。条件戦からでは勝っている馬がいいです。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別成績ではディープインパクト系、キングマンボ系、ロベルト系、ストームバード系、サドラーズウェルズ系、ハーツクライ系など極端な傾向はなく分散されている感じです。近年で見るとディープインパクト系とキングマンボ系が上位に来ています。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると3連単10万馬券以上は4回、4桁配当は3回でした。3連複万馬券は5回で3桁配当は1回なので大きく荒れるレースではないけど、硬く収まるレースでもない感じです。

 

朝日杯フューチュリティステークス 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると上位人気の成績は安定していますが、下位人気も来ているように上位人気+下位人気の組み合わせがいいと思います。

 

過去20年のデータから注目ポイントは

・ノーザンファーム系
・ディープインパクト系とキングマンボ系
・前走は重賞レースで1人気か2人気で勝っている馬

 

レース結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました