2019セントウルS 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

セントウルSの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

*2006年は中京開催

セントウルSの登録馬 馬データと前走成績

セントウルSはスプリンターズSの前哨でもあります。過去20年で前走でセントウルSを使った馬で、スプリンターズSを勝ったのは9頭います。昨年のファインニードル、ロードカナロア、ローレルゲレイロ、デュランダル、ビリーヴなど。今年は高松宮記念を勝ったミスターメロディ、北九州記念を勝ったダイメイプリンセス、キーンランドカップ2着のタワーオブロンドンなどが有力かと思います。

セントウルS 過去20年の1着馬の馬データ

セントウルSの勝ち馬を見ると馬主では非社台系の成績がいいです。スプリンターズSの前哨戦ということもあり、有力馬の中には仕上げ切っていない馬もいるのかもしれないですね。

セントウルS 過去20年の1着馬の前走成績

セントウルS 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、北九州記念組の成績がいいです。ただ、北九州記念で凡走であってもセントウルSでは走る場合もあるので、着順に関係なく注意が必要です。距離別の成績を見るとセントウルSと同じ1200m戦を走った馬の成績がいいです。開幕週でスピード勝負になるということを考えると、スピードの対応力ということで1200mを走った馬が好走するのでしょうね。

セントウルS 過去20年の脚質別成績

脚質別では開幕週なので逃げ先行有利です。差しが届かないということはないですが、軸は逃げ先行馬から選ぶのがいいと思います。

セントウルS 過去20年の馬体重別成績

馬体重を見ると460キロから520キロまでが狙い目。馬体重の増減を見ると増えても+10キロ以内がいいです。

セントウルS 過去20年の年齢別成績

年齢別成績を見ると、3歳4歳5歳が中心ですね。6歳以上は穴狙いがいいと思います。

セントウルS 過去20年の配当一覧

セントウルS 過去20年の人気別成績