2022年桜花賞 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など)

レースデータ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜花賞データ

桜花賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

過去20年間G1レースデータ(2001年から2020年)
2001年から2020年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 ...

桜花賞の登録馬 馬データと前走成績

第82回桜花賞には22頭が登録してきました。注目はチューリップ賞の勝ち馬ナミュール、同レース3着馬のサークルオブライフと5着のウォーターナビレラ。クイーンカップを勝ったプレサージュリフト、2着のスターズオンアース、3着のベルクレスタなどです。

桜花賞 過去20年の1着馬の馬データと前走成績

1着馬の馬データを見ると、クラシックレースなのでノーザンファーム系や社台ファーム系が強いです。種牡馬も社台SSで繋養している馬がほとんどです。今や社台SS以外の種牡馬はクラシックディスタンスのG1を勝てないと思います。

1着馬の前走を見ると、ここ4年はトライアルレース以外から勝馬が出ていますが王道はチューリップ賞です。

桜花賞 過去20年の前走レース別成績

前走レース別成績を見ると、トライアルレースのチューリップ賞が圧倒的に強いです。有力馬がステップレースとして使うレースでもあるので、当然の結果ですかね。

桜花賞 過去20年の血統別(種牡馬)成績

血統系統別成績を見ると、サンデーサイレンス系とディープインパクト系が強いです。今年はサンデーサイレンス系の登録馬がいないのでディープインパクト系に注目しています。

桜花賞 過去20年の配当一覧

配当一覧を見ると、3連単10万馬券以上は3回、4桁配当は4回でした。1、2人気が上位に来るケースが多いのであまり荒れないレースだと思います。

桜花賞 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、1人気と2人気が強いです。特に2人気は1着8回と1人気以上に勝っています。過去の2人気で勝った馬を見るとスティルインラブ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイ、グランアレグリア、デアリングタクトなど牝馬3冠を勝った馬や混合G1を勝った馬などがいます。今年も22人気には注目しています。

桜花賞 過去20年の馬番別成績

馬番別成績を見ると、内枠の成績が良くないです。逆にいいのが中から外枠です。昨年のソダシは2枠4番からの勝利でしたが、改修後の外回りコースを使用するようになってからは内枠の成績が良くないです。

過去20年のデータから注目ポイントは

  • 種牡馬はディープインパクト系
  • 枠順は真ん中から外枠
  • 前走はチューリップ賞
  • 2人気

以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました