2021年ローズS 前走後のコメントより勝ち馬を探す

レース展望

レース終了後のコメントには騎手によって本音だったり、馬主や調教師向けだったり、当たり障りのないコメントだったり、いろいろあります。特に勝った時や惜しかったときなどのコメントは本音に近いので、次のレースの参考になります。そこで、レース後コメントより勝ち馬になりそうな馬を探してみたいと思います。

第39回ローズSの前走のレース後騎手コメントから勝ち馬になりそうな馬を探してみます。

 

ローズS出走馬の前走コメント

◆ 1枠 1番 イリマ 牝3 幸英明 54(栗)高橋亮

【前走関係者コメント】
和田竜騎手 全体的に流れが速かったですし、前走と同じような競馬ができました。スタミナがあるし、速い流れについていっても最後まで余裕がありましたね。集中できるようになっていますし、まだまだ伸びしろがありそうです。

【前走時次走へのメモ】
スタートでアオッたが、押していってリカバー。4列目につけて前を射程に入れたレースだった。4角ではシャイニングフジの外で進出を図り、そのあと直線は他とは1頭だけ違った脚いろで伸びてくる。これで小倉は2戦2勝。コース相性がいい。

◆ 1枠 2番 エンスージアズム 牝3 岩田望来 54(栗)安田翔伍

【前走関係者コメント】
岩田望騎手 まだ馬群に入って揉まれてしまうと気を遣うところがあります。今日は馬に申し訳ない競馬になりましたが、成長してくれているし、精神面が安定してくれば終いの脚を生かせるようになると思います。これからが楽しみな馬です。

◆ 2枠 3番 アイコンテーラー 牝3 亀田温心 54(栗)河内洋

【前走関係者コメント】
亀田騎手 4角では外に張るようなところがあって、スッと行くことができませんでした。左回りの方がいいかもしれません。馬は使う毎に良くなっています。

◆ 2枠 4番 スパークル 牝3 藤岡佑介 54(栗)中内田充

【前走関係者コメント】
川田騎手 馬体に成長を感じましたね。レースでもその通りの内容で走ってくれました。今までで一番いい走りでした。

【前走時次走へのメモ】
プラス14キロ。仕上がっていた。1角で内に潜り込み、3角からラチ沿いをスルスルと進出し、4角で2番手に上がっていた。逃げるエイシンルカーノを1ハロン標過ぎに抜き去り、そのまま押し切った。

◆ 3枠 5番 クールキャット 牝3 C.ルメー 54(美)奥村武

【前走関係者コメント】
武豊騎手 誰も行かなければハナもありかなとは思っていました。ペースはスローでしたし、いい形で行けたんですけどね。4角で後ろを待たずに離していこうと思ったんですが、そこから伸びてくれませんでした。調教の動きの良さが出なかったですね。残念です。

【前走時次走へのメモ】
シャープな体つき、落ち着きも十分。スタートを決めて抑えたままハナへ。前半1000メートル59秒9も、自身はマイペースで気分良く。直線入り口でスッと後続を離して見せ場。残り300付近で掴まる。

◆ 3枠 6番 メイショウオニユリ 牝3 池添謙一 54(栗)池添兼雄

【前走関係者コメント】
池添騎手 滞在効果で落ち着いてレースに臨めているのがいいですね。ペースが落ち着いて前半、少しハミを噛みましたが、ギリギリためることができましたし、直線でうまく脚を引き出せました。小回りコースと滞在競馬がこの馬に合いますね。

【前走時次走へのメモ】
シャドーロール。外枠から1角でうまく内に入れ、馬群の中へ。前半少し力んだが、折り合いはついていた。4角で周りを囲まれても慌てることなく、直線に向いてバテた馬の内から進路を確保。ためた分だけしっかり伸びて連勝を収めた。レースがうまい。

◆ 4枠 7番 ストゥーティ 牝3 吉田隼人 54(栗)奥村豊

【前走関係者コメント】
松山騎手 スタートが良かったですし、いい位置を取れました。この馬場も苦にすることなく、強い競馬をしてくれました。

【前走時次走へのメモ】
スッと行き脚がついて好位。かなり馬場が悪くなっていたが、なだめるぐらいの行きっぷり。3角からジワッと動き、2ハロン標ではもう先頭に立つ勢い。ここでも一頭だけ手応えが違った。直線でスッと抜け出し、危なげなく押し切って人気に応える。上のクラスでも。

◆ 4枠 8番 オータムヒロイン 牝3 古川吉洋 54(栗)鮫島一歩

◆ 5枠 9番 タガノパッション 牝3 岩田康誠 54(栗)鮫島一歩

【前走関係者コメント】
梛木調教助手 終いしっかり伸びてGⅠでも十分やれるところを見せてくれました。中2週という厳しいローテーションのなかで頑張ってくれたと思います。道中、折り合いが良かったですし、こういう競馬ができたことは収穫でした。競馬に幅が出てきました。

【前走時次走へのメモ】
前回よりうるさかったが、馬体は目立つ。抑えて後方から。道中はいたずらに動かず、3、5着馬が動いたあとからスパート。坂下でユーバーの後ろにサッと進路を切り替え、ひと追い毎に差を詰めて4着浮上。3月デビューでまだ4戦目。これからが楽しみ。

◆ 5枠10番 エイシンヒテン 牝3 松若風馬 54(栗)渡辺薫彦

【前走関係者コメント】
団野騎手 52キロでしたし、行ければ逃げようと思っていました。スタートも出てくれて、無理して逃げたわけではないんですが、勝ち馬にぴったりと来られて息が入らなかったです。それでも崩れずに走っています。体が増えて馬は良くなっていますね。

【前走時次走へのメモ】
仕上がり良好。今日もハナを切り、2番手のソーヴァリアントが可愛がってくれたのでマイペースで行くことができた。ただ、3~4角でペースを上げたところで楽についてこられては苦しい。直線は外に出したものの粘り切れず。

◆ 6枠11番 プリュムドール 牝3 武豊 54(栗)奥村豊

【前走関係者コメント】
坂井瑠騎手 緩急の激しいレースで苦しかったけど、しっかり走ってくれました。51キロにしてもラストはいい脚だったし、いい内容で走ってくれました。

【前走時次走へのメモ】
中団の後ろのラチ沿い。3ハロン標から前との間合を詰め、直線はシルバーエースとグロリアムンディの間を割って抜け出した。51キロの軽量ではあったが、一戦毎に強くなっている。

◆ 6枠12番 アンドヴァラナウト 牝3 福永祐一 54(栗)池添学

【前走関係者コメント】
福永騎手 1600メートルを逃げたあとの外回りの2000メートルでどうかと思っていた。でも、厩舎サイドでうまく調整してくれてリラックスしていたし、馬の後ろに入れて我慢することができた。体がまだ出来上がっていないので、バランスが取れないところはあるけど、それでこの勝ちっぷりだからポテンシャルは高い。

【前走時次走へのメモ】
テンション高めも好馬体。馬場入りは最後。スタートを決め、少し控えて好位のポケット待機。手応えは十分。直線の包囲網を抜け出す際、ダノンに先を越されたが、バラけてからでも悠々と間に合った。上でも即通用。

◆ 7枠13番 コーディアル 牝3 鮫島克駿 54(栗)高野友和

【前走関係者コメント】
鮫島駿騎手 返し馬から能力の高さが感じられましたし、今日に関しては力で押し切ってくれましたね。まだ体の使い方など良化の余地はありますが、着実に馬が良くなっているんだと感じました。

【前走時次走へのメモ】
トライアビット。出遅れて後方から。道中は折り合いをつけてじっくりと。外に進路を取る馬が多かったこともあって、4角手前で内を突いてコーナーワークでうまく差を詰め、直線もしっかり伸びて抜け出した。勝負どころの進路取りが良く、好騎乗と言える。

◆ 7枠14番 アールドヴィーヴル 牝3 松山弘平 54(栗)今野貞一

【前走関係者コメント】
松山騎手 今日は折り合いに専念しました。いいポジションで脚をためることができたし、道中は本当にリラックスして走れていましたよ。勝った馬を見ながらいい形で4角を回ってこられたし、直線でも伸びているんですけどね。最後は甘くなってしまいました。まだ体が小さいですし、体力もつき切っていないですが、これから成長してくれると思うので秋に期待したいです。

【前走時次走へのメモ】
細身の造りも寂しくは見えず。落ち着きもあった。後方待機。勝ち馬が動いたあとから動き、4角で少し待ってから直線入り口でその外へ。坂を上がったあたりで一気に離されたが、最後まで自身の脚は使って5着。力は出し切ったと見たい。

◆ 7枠15番 オパールムーン 牝3 横山典弘 54(栗)昆貢

【前走関係者コメント】
横山典騎手 この馬のレースはできたし、自分のなかではよく頑張ってくれていると思うが、後ろからの脚質にしてもちょっと負け過ぎ。脚質も含め、現時点での力ということなのかな。

【前走時次走へのメモ】
仕上がる。リングハミ。出遅れて出脚も鈍かったので最後方から。道中は折り合いをつけてじっくり構え、終いに賭けるレース。直線入り口で大外に持ち出し、ジワジワ差を詰めてきたが、さすがに位置取りの差が大きかった。

◆ 8枠16番 タガノディアーナ 牝3 和田竜二 54(栗)長谷川浩

【前走関係者コメント】
戸崎騎手 まだ頼りないところがありますが、背中の使い方がいいですね。ラストもしっかり伸びてくれました。

【前走時次走へのメモ】
もう少し体が増えてくれば理想的だが、毛ヅヤ良好。中団をなだめつつの追走。直線は右にモタれる面を見せてはいたが、この上がりの速い競馬で勝ち馬に半馬身差まで迫った内容は強い。

◆ 8枠17番 オヌール 牝3 川田将雅 54(栗)友道康夫

【前走関係者コメント】
川田騎手 追走に余裕がありませんでしたが、とても背中のいい馬ですね。これから中身が伴ってくれば、ガラッと変わってもおかしくありませんよ。

【前走時次走へのメモ】
細身でもトモはしっかり。繋も柔軟でバネを感じる。好スタートから無理なく中団の馬込みで待機。じっくりと乗られたが、残り3ハロンで仕掛けた時の反応が鈍かった。決してバテているわけではないが、何か走り切っていない印象を受ける。多頭数で、揉まれる競馬を経験していなかった弱みが出たか。

◆ 8枠18番 レアシャンパーニュ 牝3 浜中俊 54(栗)音無秀孝

【前走関係者コメント】
松若騎手 4角で少しモタモタしてしまったんですが、ラストはいい脚を使ってくれたように、エンジンがかかってからは良かったですね。距離にもメドの立つ走りでした。

【前走時次走へのメモ】
無理せず後方から。前半は折り合い重視で抑え気味に追走。3角で仕掛けた時の反応は決して良くなく、なかなか上がっていけなかったが、ラスト1ハロンあたりでエンジンがかかり、一気に差し切った。小回りでも決め手が一枚上だった。

コメントから期待できそうな馬はイリマ、アンドヴァラナウト、コーディアル、アールドヴィーヴル、オヌールですね。休み明けなので成長分を加味してプラス体重で出走してくるのが理想だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました