近藤利一氏の遺言で、超高額馬アドマイヤビルゴのデビュー戦は武豊が騎乗

競馬あれこれ 馬主 騎手
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年のセレクトセールで、近藤利一氏が6億2640万で落札したのがディープインパクト産駒のイルーシヴウェーヴの17。その後、アドマイヤビルゴと名付けられ栗東の友道厩舎に預けられた。

 

【京都新馬戦】6億超え高額馬アドマイヤビルゴ、“遺志”で武豊騎乗 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル
 17年セレクトセールで史上2位となる6億2640万円(税込み)の値がついた注目の超高額ホースがついにベールを脱ぐ。アドマイヤビルゴ(牡3=友道、父ディープインパクト)は日曜京都の芝1800メートル戦でデビューする。

 

「生前からオーナーは“豊に乗せてくれ。ディープに乗ったことがあるのは豊だけだから”といっていた」

 

近藤利一氏の悲願は自分が生きているうちにもう一度G1を勝つことだったのではないでしょうか?しかも、ディープインパクトの子で勝ちたかったのではないでしょうか。だから、仲違いしていた武豊だけど乗ってほしかった。

 

近藤利一氏と武豊はアドマイヤベガでダービーを勝ち、アドマイヤグルーヴでエリザベス女王杯を2勝、アドマイヤマックスで高松宮記念を勝つなどしていました。この3頭に共通するのがサンデーサイレンス産駒ということ。

 

サンデーサイレンス産駒でいくつものG1を勝っている武豊だから勝った。となれば、サンデーサイレンス産駒のディープインパクトをよく知る武豊に騎乗してもらい、G1を勝ちたいと思って不思議ではない。

 

近藤利一氏の遺言でもあるので、武豊もアドマイヤビルゴの騎乗に応じたのでしょう。420キロ前後と小さい馬で、追切後に武豊は「今の京都の馬場が重いので、力がいるのがどうかな」と漏らしていたようです。

 

日曜日の新馬戦にはアドマイヤビルゴの他に、近藤英子氏のフアナ(父ルーラーシップ、生産者ノーザンファーム)、ダーヌビウス(父キングカメハメハ、馬主サンデーレーシング、生産者ノーザンファーム)、フィニステール(父キングカメハメハ、馬主金子真人HD、セレクトセールで1億2960万円で落札されたワイワイキング(父ディープインパクト、母父ガリレオ、生産者追分ファーム)など多彩なメンバーが出走します。結果ともあれ注目のレースですね。

 

 

関連記事

アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
またしても「ダメ」だった。9日の桜花賞(G1)に出走したアドマイヤミヤビは、2番人気に支持されたものの本来の走りがまったくできず12着に大敗した。1990年代後...
藤田伸二騎手「武豊を潰したのは社台とアドマイヤ」(4)JRAこそが犯人だ | アサ芸プラス
ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました