2019高松宮記念 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

高松宮記念の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

1999年から2018年の過去20年間G1レースデータ
1999年から2018年の20年間のG1レース(障害を除く)をTARGETで集計してみました。集計データは上位30位までで、騎手、調教師、馬主、人気別(芝・ダート)、種牡馬別(芝・ダート)、毛色、生月、馬体重(牡馬・牝馬)などです。 過去20年のG1データ 騎手別成績 過...

高松宮記念の登録馬 馬データと前走成績

昨年、高松宮記念とスプリンターズSを勝ったファインニードルは引退してしまったので短距離界は主役不在。ダノンスマッシュの父ロードカナロアは、4歳から5歳にかけて短距離では敵なしの強さでした。ダノンスマッシュは3歳秋からスプリント力を発揮して、前走などは直線で前が詰まってヒヤッとする場面がありましたが、外に出すと一気に伸びて2着にコンマ2秒差を付けてしまった。思った以上に力を付けている印象があったので、今回はこの馬が主役だと思います。

高松宮記念 過去20年の1着馬の馬データ

高松宮記念の過去20年の1着馬の馬データを見ると、社台系が少ないこと。しかし、社台系種牡馬のサンデーサイレンスやフジキセキはこのレースに強かったです。ここ2年はミスプロ系のアドマイヤムーン産駒が勝っています。

高松宮記念 過去20年の1着馬の前走成績

高松宮記念の過去20年の1着馬の前走成績を見ると、シルクロードSとオーシャンSと阪急杯の3つのレースで上位に入った馬は勝っている感じです。登録馬を見るとシルクロードSは1着ダノンスマッシュ、3着ティーハーフ。オーシャンSは1着モズスーパーフレア、2着ナックビーナス、3着ダイメイフジ。阪急杯は2着レッツゴードンキ、3着ロジクライでした。

高松宮記念 過去20年の前走レース別成績

前走レース別の成績を見ると、上であげたシルクロードS、オーシャンS、阪急杯から出走した馬が馬券に絡んでいます。ローテーション的にもこの3つのレースから挑むのがベストだと思います。

高松宮記念 過去20年の血統別(種牡馬)成績

種牡馬別成績を見ると、サンデーサイレンス系とミスプロ系が強く、ノーザンダンサー系だと外国産馬が要注意ですね。

高松宮記念 過去20年の配当一覧と出目

高松宮記念の過去20年の配当を見ると、上位人気馬が2頭絡む場合が多いのであまり荒れていないですね。3連単では順番によっては高配当になる感じです。

高松宮記念 過去20年の人気別成績

人気別成績を見ると、勝率では1人気、3人気、4人気が5勝ずつと並んでいます。上位4頭が揃って飛ぶとこは考えにくいですね。2桁人気がたまに来ていますが、2年連続で来たことはないので今年はないかな。