2017年生まれの高額馬(1億円以上)で稼ぎ頭は1位サトノフラッグ、2位ワーケア、3位アルジャンナ

競馬あれこれ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年生まれは今年の3歳馬になります。まさにクラッシック戦線の最中ですが、先週(5月10日)の段階で、セレクトセールの高額取引馬でどの馬が一番稼いでいるかTARGETを使って調べてみました。

稼ぎ頭の1位はサトノフラッグで7730万円

取引価格順

取引価格順のリストを見ると、取引額が最高額の6億2640万円のアドマイヤビルゴは本賞金が3410万円でした。一番稼いでいるのは取引額1億7820万円のサトノフラッグで、獲得した賞金は7730万円でした。2番めに稼いでいるのはワーケアで、獲得した賞金は6400万、3番めはアルジャンナで4450万円、4番目に最高取引馬のアドマイヤビルゴで3410万円でした。

今年のダービーに出走できそうなのは収得賞金上位3位までの サトノフラッグ、ワーケア、アルジャンナです。高額馬だから走るとは限らないけど、セリではいい馬に見えるのでしょうね。数々のG1を取っている金子真人氏も1億を超える馬を4頭も買っているいますからね。

2017年生まれで5月10日現在で一番稼いでいるのはコントレイル

2017年生まれで一番稼いでいるのは、4戦4勝(重賞3勝で、そのうちG1が2勝)の実績があるコントレイルです。稼いだ賞金は2億2000万円です。2番目は、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、ここまで3勝のレシステンシアで1億9800万円。3番目は、先週のNHKマイルカップを勝ったラウダシオンで1億7080万円。

セール取引馬では取引価格1944万円のタイセイビジョンが1億3900万、取引価格1296万円のデアリングタクトが1億3200万円です。

キャロットファーム、シルクレーシング、サンデーレーシングなどノーザンファーム系のクラブ馬が多いですが、個人馬主も結構頑張っていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました