2018ホープフルS 過去20年のデータ(1着馬、血統、配当など)

スポンサーリンク

ホープフルSの過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。

ホープフルSは2014年にG2に昇格し、2017年にG1に昇格したレース。それまで、暮れのオープン特別として開催。コースは中山芝2000m。

ホープフルS 過去20年の1着馬の馬データ

ホープフルSの過去20年の1着馬の馬データを見ると社台系が強いですね。また、騎手を見ると2008年から外国人ジョッキーの活躍が目立ちます。

ホープフルS 過去20年の1着馬の前走成績

ホープフルSの過去20年の1着馬の前走レース成績を見ると新馬戦を勝った馬が多く、次いで同じコースで行われる葉牡丹賞でした。今年は葉牡丹賞出走馬はいません。

ホープフルS 過去20年の前走レース別成績

ホープフルSの前走レース成績を見ると、新馬戦と葉牡丹賞の成績が良く、次いで未勝利戦です。東京スポーツ杯はあまり成績が良くないですね。今年は東京スポーツ杯出走がニシノデイジーです。

ホープフルS 過去20年の血統別(種牡馬)成績

ホープフルSの血統別成績を見ると、サンデーサイレンス系の成績がいいです。出走頭数も多いですが、多くのサンデーサイレンス系の種牡馬が勝っているのが特徴です。今年はジャスタウェイ産駒、ブラックタイド産駒、ヴィクトワールピサ産駒、ダイワメジャー産駒、ディープインパクト産駒と5頭の種牡馬が子供たちが出走します。また、ロベルト系ではスクリーンヒーロー産駒、タニノギムレット産駒。キングマンボ系ではベルシャザール産駒とロードカナロア産駒が出走。血統的にはどの産駒が勝ってもおかしくない状況です。

ホープフルS 過去20年の配当一覧

ホープフルSの配当一覧を見ると、3連単は過去10回うち3回で10万馬券超が出ています。2歳戦なので人気薄が飛び込んでくるケースが多いです。

ホープフルS 過去20年の出目

ホープフルSの出目一覧を見ると、内と外で差はないようですね。2歳戦なので能力がある馬ならば枠順に関係なく上位争いできるからなのでしょう。G1と言っても出走歴の少ない馬たちの戦いなので能力の差はあるはずです。

ホープフルS 過去20年の人気別成績

ホープフルSの人気別成績を見ると、1人気、3人気が不振ですね。2歳戦らしいと言えばそうかもしれません。変わり身や調教状態によっては人気がなくても上位争いでいる馬がおおいようです。